有機野菜とコミュニケーション

有機野菜とコミュニケーション

シェアハウスの醍醐味はなんといっても入居者同士の関わり合いにあります。

もちろん人によっての距離感は様々なので、プライベートもしっかり保ちつつ、

心地よい交流が生まれるバランス感が大切です。

1ヶ月に一回程度、皆で食事をする機会を設けたり

イベントを開催するのもいいかと思います。

日常でもタイミングがあえば声をかけあって一緒にご飯を食べるなど

楽しみながらコミュニケーションを取れる時間を持つことが重要だと思います。

そこに「食」は外せないので、

そういった意味でも有機野菜付きシェアハウスは面白いと思っています。

人間不思議なもので

「お金」を与えられると、どうやって分けるかを考え、分けた後の使い方は各々です。

「野菜」を与えられると、どうやって美味しく食べるかを考え、一緒に食べることが多くなります。

そうなんです。

有機野菜は「健康」だけではなく

「コミュニケーション」も同時に与えてくれているのです。

詳しくはここで語るより、体感してもらえた方が早いので

ぜひ一度、芦屋ヤマテハウスまで遊びにきて下さい!

シェアする暮らしをデザインする
牛飼勇太