シェアハウスの物件案内

3月はもっとも物件案内が増えるシーズンです。
見学希望のご連絡を頂き、日時を決めて、当日初めてお会いしご案内させて頂きます。

集合場所に少し早めに着いて、どんな人が来るのかなぁと少しドキドキしつつ、
事前に服装や車の色などを伝えておいたので、声をかけて頂くのを待つ。
「こんにちは」と声をかけて頂いた時にメールや電話でやり取りした〇〇さんだと気づく。
お互いに少しの緊張と少しのよそよそしさを感じつつ「はじめまして」のご挨拶。
第一印象が大切なので、できるだけ爽やかな受け答えを意識するが
話が盛り上がるにつれ、気が付けばいつもの自分になっている(笑)
そうこうしているうちに物件に到着し、中をご案内する。

こちらからするとご案内が日常的なことでも
見学に来る方にとっては新しい生活の拠点を選ぶということなので、とても重要な決断です。
見学をしながら新生活のイメージがわくかわかないかが大切。
共有部や個室の説明はもちろんのこと
入居者さんが在宅であればシェアメイトの紹介、不在であればシェアメイトの年齢層や性格などイメージしやすいようにお伝えする。
あとは、周辺もぐるっと回って、どんなお店があるか。どんな施設があるかなどご案内する。
シェアハウスは他の賃貸物件と違って、運営者によってもカラーが変わってくるので、
自分自身が大切にしていることやシェアハウス運営のやり甲斐なども少しお話しさせて頂く。

そんなやり取りをおおよそ1時間ほどで行い、あとはお返事を待つばかり。
それも少しのドキドキをともなう。

いいお返事であれば素直に喜び、そうでなければできるだけ次につながるよう意見を伺い振り返ってみる。
こうやって行っている物件案内は、シェアハウス運営の中でも重要なお仕事です。
一期一会を大切に、今日も精一杯取り組みたいと思います。

この記事をみて興味がわいた方がいましたら、ぜひ一度見学にお越し下さい。
こんな感じの牛飼を見ることができます(笑)

いつもありがとうございます。

シェアする暮らしをデザインする
牛飼勇太

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP